ウェブパ[web制作・ホームページ制作]

Crayon Syntax Highlighter使ってみた|ウェブパは神戸・大阪をはじめ全国対応のWebサイト(ホームページ)制作パックプランです。

電話番号 078-333-9333

に関する画像

線画像
トップ > インフォメーション > BLOG > Crayon Syntax Highlighter使ってみた

に関するタイトル画像

線画像

2017.07.06

BLOG

Crayon Syntax Highlighter使ってみた

この記事をシェアする

こんにちは。kurofuneです。
今回は、wordpressプラグイン「Crayon Syntax Highlighter(シンタックスハイライター)」をご紹介します。
記事編集エディタでコードを記述する際、見栄えを良くするのって結構苦戦してしまいますよね?
そんな悩みを解消してくれるのがこのプラグイン。
対応言語はHTML、CSS、PHP、jsなどの基本言語から、C#、Java、Shell (Unix)など40種類以上の言語に幅広く対応してるようです。

 

まずはインストール

プラグイン→新規追加→Crayon Syntax Highlighterで検索→インストール→有効化

 

基本設定

インストール済プラグインのページよりSettingsをクリック。(もしくは、ダッシュボードの設定Crayonをクリック)

 

各種設定が行えますのでお好みで変更しSaveChangeをクリック。

 

 

crayonをクリック。

 

 

下記画面が表示されるのでタイトル・言語表示設定を変更しAddをクリック。

 

 

 

表示はこんな感じです。

最後に

記事の中にソースコードを綺麗に表示させ、多くのコードにも対応してるので、用途はとても広いかと思います。
また、マージンの設定やマウスオーバー時のアクションなんかも設定できるので、コードを”魅せる”ことが多い方にはお勧めしたいプラグインです。

 

 

 

edited by:kurofune

トップに戻る