ウェブパ[web制作・ホームページ制作]

JavaScriptでリダイレクト|ウェブパは神戸・大阪をはじめ全国対応のWebサイト(ホームページ)制作パックプランです。

電話番号 078-333-9333

に関する画像

線画像
トップ > インフォメーション > BLOG > JavaScriptでリダイレクト

に関するタイトル画像

線画像

2017.07.11

BLOG

JavaScriptでリダイレクト

この記事をシェアする

ホームページを別のホームページに移動する際に使用するのは303リダイレクトが基本ですよね。しかし、意外と「このページに来た人はこのページに移動して欲しい」という依頼が結構あったりします…しかも前のURLとあったりしない・・・しかもそれが?p=○という場合は非常に厄介…更に、PHPやhtaccessがシステムの都合上使えない・・・そういったときに使用すると便利?と思えるようなJavaScriptのコードをご紹介しましょう。

 

 

参考にしたコード

・get値をJavaScriptで取得するコード

http://so-zou.jp/web-app/tech/programming/javascript/sample/get.htm

 

以上を参考にして作っていきます。

 

作成手順

今来ているページのGet値を取得する。

上のコードを忠実に参考にさせていただきます。こういったコードが沢山検索するとあるので便利な世の中になりました…

2.今アクセスしているURLにjobという文言が入っているかチェック

JavaScriptのif文を使用して、URLの文字の中からjobを検索しヒットするかどうかをチェックします。

3.2の条件に当てはまればリダイレクト処理を実行

リダイレクト処理については、URLにgetで送られている文言を使用して、リダイレクトURLを作ります。今回は、「”リレイレク先URL/?job_code=”+ GetQueryString().job_code;」として処理をします。

 

これで、作成が完了です。

 

実際のデモ画面とコード

作成したデモはこちら

https://web-pack.jp/demo/ js_redirect/test.html?job_code=000-000-000

このURLにアクセスすると、?job_code=000-000-000の状態を保ったまま別job.phpに移動することができます。

 

実際のコードはこちら

edited by:afiru

トップに戻る