ウェブパ[web制作・ホームページ制作]

Googleフォト使ってますか?|ウェブパは神戸・大阪をはじめ全国対応のWebサイト(ホームページ)制作パックプランです。

電話番号 078-333-9333

に関する画像

線画像
トップ > インフォメーション > BLOG > Googleフォト使ってますか?

に関するタイトル画像

線画像

2017.07.11

BLOG

Googleフォト使ってますか?

この記事をシェアする

日々進化するGoogleさん。
今回はGoogleさんの写真機能について触れていきたいと思います。

皆さんGoogleフォトは使ってますか?
利用されてる方はご存知のとおり顔認識で写真の人物を特定したり、被写体が物である場合それが何なのかカテゴライズしてくれたり。
今回はそんなGoogleフォトをより快適に利用して頂ける機能をご紹介したいと思います。

 

Suggested Sharing


特定の人物の写真を抽出し、本人と共有するよう勧める機能です。
サジェストの送るボタンをタップすると簡単に相手と共有できてしまう。さらに、過去のユーザーアクティビティよりどんな写真を誰に送ったなどのデータに基づいてサジェストしてくれるのだとか。

【共有方法】
Googleフォト→メニューボタン→設定→共有ライブラリ→ライブラリを共有の使ってみるボタン→共有したい相手を選ぶ→写真を選択(すべての写真か、特定の人物の移ってる写真)→招待状を送信ボタン

 

 

Photo Books 


オンラインで写真をプリント出来るサービス。
Amazonでも同じような機能がありますが、それに加え自動で写真を選びレイアウトまでしてくれるようです。

価格:20ページで(ソフトカバー)場合9.99ドル/20ページ(ハードカバー)場合19.99ドル

GooglePhotoBooksはこちら

 

Google Lens

スマホでカメラを向けると被写体の詳細を知ることができる。
例えば、Wi-FiスポットのSSIDとパスが記載されたステッカーをかざすと情報を読み取り設定までしてくれたり、お店にGoogleレンズをかざすことでお店のレビューを表示してくれたり。更には、GoogleフォトからGoogleLensアイコンをたっぷするとウェブサイトのスクリーンショットでURLにフォーカスした際、コピーやシェアのオプションが表示されるようです。こちらはリリース時期は未定ですが近々公開されるとのことです。

 

RAISR

こちらは低解像度の画像をシャープに見せる機能でまだ、Google+の画像を対象としているのですが、Googleフォトなど他のサービスでも近日実現されるでしょう。
RAISRの機能学習機能を利用して低解像度の画像を高解像度画像に変換する「超解像」を実現。この機能のすごいところは小さな画像を大きく復元することでデータを軽量化できるのだとか。

 

最後に

SNSやブログなど誰でも当たり前にネット上で写真を公開できてしまう昨今、こうした機能を知っていると、作業の手間を減らせたり記事の見せ方を変えていけたり、幅が広がっていきます。こんな便利な情報はどんどん活用していきたいものですね。

edited by:kurofune

トップに戻る