ウェブパ[web制作・ホームページ制作]

SSLとLet’s Encrypt|ウェブパは神戸・大阪をはじめ全国対応のWebサイト(ホームページ)制作パックプランです。

電話番号 078-333-9333

に関する画像

線画像
トップ > インフォメーション > BLOG > SSLとLet’s Encrypt

に関するタイトル画像

線画像

2017.07.12

BLOG

SSLとLet’s Encrypt

この記事をシェアする

にわかに最近「セキュリティ」と叫ばれている中、その方法の一つとして「SSL化」というのが言われています。これについては、クロフネさんが解説をしてくれていましたね。

参考記事:SSLを知ろう!
https://web-pack.jp/info/blog/1412/

それだけだと、SSL化についてあまり魅力的でないと思う方もいるでしょう。
「お問合わせも何もないページ(コメント不可のブログサイトなど)」についてそこまで暗号化についてこだわらなくてもいいからです。


という方に向けて、再度「SSL化の何がいいのか」をここでは解説していこうと思います。

 

 

SSLの使い道はセキュリティだけではない

SSL化の使いみちと言うのは、単にページを暗号化するだけではないのです。それ以上のプラスの価値が発生しているのですよ。ちょっと詳しく見ていきましょう。それにはまず、インターネットの仕組みを見ていきましょう。

http:で接続したときってどうなっているか

そもそも、インターネットと言うのは、htmlファイルという文章ファイルに付属する「テキストの色や配置を設定するファイル」「画像のファイル」「ページの動きを作る(スクロールしたら何かが出てくるようにする、マウスをクリックしたら画像が拡大するようにする等)」のファイルを逐一サーバーからダウンロードしているのです。それがhttpでアクセスした際に表示した状態なのです。これだと、毎度毎度サーバーから「このファイルください」とアクセスしなければならず、渡しているサーバー側も「え?またですか??」となるわけですね…そしてサーバーの許容量を超えてサーバーが「もう無理!!」となってサーバーがダウンするということがあったりするわけです。こういった時「このページに含まれる情報すべて頂戴!」とアクセスできれば1回のやり取りですむので便利かと思うのですよ…

 

そう、それこそがhttp2

そうです、近年ようやく「このページに含まれる情報すべて頂戴!」ということが実装できるようになったのです。それが、http2と言われる機能。これによってページの表示のスピードが格段にあがるのです。身近な例として、スカイプでやり取りをしていると思っていただければと思います。誰かに20種類の画像を1つ一つ送っていたのが、zipファイルでまとめて一気に送ることができるようになった。と思っていただければと思います。これで双方にとってストレスなくインターネットを楽しむことができるようになったのです。そして、この機能を使うにはどうしてもSSL化が必要なのです。なぜなら、「このページを含む全てもファイルを取得したい」とするためにはどうしてもページを暗号化させる必要があるのです。そう、それこそが私が「SSL化をすすめる最大の理由」なのです。

 

え?だけど…SSLって高いんでしょ・・・

ですね…ドメインごとの認証ですとどうしてもお高くなってしまいます。そして毎年こうしんしなければなりません。敷居が高いSSLと言われても仕方がありません。

 

ご安心を!とうとう出ました無料SSL

アメリカ合衆国カリフォルニア州の公益法人「Internet Security Research Group(ISRG)」が「SSLって無料で使えるようにしてあげようよ!」と考えて作ってくれたのが今回ご紹介したい「Let’s Encrypt」このサービスのおかげで、無料でSSLを使えるようになったのです。これは本当にありがたいことです。

 

まとめ

長々とこのSSL化のメリットを説明してきましたが、「SSL」を使用することでページの表示スピードやサーバーの負荷軽減などが行えるようになりました。もし、この記事を読んで「私のサイトもSSL化をしてみたいな。SSL化できるかどうかだけでも知りたい。」という方がいらっしゃいましたら、下記のページよりお問い合わせください。弊社担当者があなたのサイトを調査し最適なプランを提示させていただきます。

 

Webパ サイト診断

https://web-pack.jp/site-diagnosis/

edited by:afiru

トップに戻る