ウェブパ[web制作・ホームページ制作]

WordPressをより快適にする「スターターコンテンツについて」|ウェブパは神戸・大阪をはじめ全国対応のWebサイト(ホームページ)制作パックプランです。

電話番号 078-333-9333

に関する画像

線画像
トップ > インフォメーション > BLOG > WordPressをより快適にする「スターターコンテンツについて」

に関するタイトル画像

線画像

2017.04.19

BLOG

WordPressをより快適にする「スターターコンテンツについて」

この記事をシェアする

■掴み

・テーマファイル一覧で見たらかっこいいのに、実際入れてみたら違う…

・どこに、どのメニューを設定したらいいのかわからない…

・というか、入れたらなんとなくでいいからサイトが立ち上がるようにしておいて欲しい。

 

という悩みを解決するのが、今回ご紹介する「スターターコンテンツ」です。

今回は、このスターターコンテンツをご紹介するため次の目次を用意しました。

 

 

 

■目次

1.スターターコンテンツとは

2.取り入れるきっかけ実案件紹介

3.スターターコンテンツの使い方

 3-1.ページ

 3-2.投稿

 3-3.ウィジェット

 3-4.メニュー

 3-5.画像(アタッチメント)

4.実績成果

5.まとめ

 

 

 

■スターターコンテンツとは

WordPressをインストールして、何も作業しない状態で、カスタマイザー画面でプリビューしたレイアウトと、ブログを表示したレイアウトが異なって表示されます。

 

つまり、スクリーンショットと同じ用に作るためには設定やコンテンツを作る必要があったわけです。

 

それを解消するためには…

ある程度のコンテンツを準備する、メニュー等の表示もはじめに作っておく、ウィジェットも予め作っておく。

 

これができればOK!

 

それを叶えたのがスターターコンテンツです。

 

 

 

 

■スターターコンテンツに使い方

注意点:

・テーマファイル(function.php)にそれぞれの記載が必要になります。

・他のプラグインの機能を使う場合にはそのプラグインも入れておく必要があります。

・何故か、Twenty Seventeenでは動きませぬ。

・既にコンテンツがある場合は、実行できません。

 ※試したい方は、新しいWPを用意しましょう。

 

実行手順:

  1. WordPressをインストール
  2. phpにスターターコンテンツ用のプログラムを記入。
  3. テーマファイルをアップロード
  4. 管理画面にログイン
  5. 管理メニュ「外観」→「カスタマイザー」→「保存して公開」

 

百聞は一見に如かず、デモをしましょう。

 

導入方法:

 3-1.サンプルコードのご紹介。

 3-2.ページ

 3-3.投稿

 3-4.ウィジェット

 3-5.メニュー

 3-6.画像(アタッチメント)

 

 

 

■まとめ

スターターコンテンツの魅力:

テーマ開発側のメリット:

・テーマファイル開発者はプレビュー画面でスクーンショットと同じ画面を見せることが出来る。

・テーマに必要なコンテンツ(ページ・メニュー・ウィジェット)を予め用意することが出来る。

 

 

サイト運営者側のメリット:

・サイト運用者もカスタマイザーでウィジェットやメニューの項目についてどこをいじればいいのかが分かる。

・サイト運用者は、WordPress、テーマ、プラグインを入れるだけで(ページ付き)サイトを簡単に作成できる。

 

edited by:afiru

トップに戻る